スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BSC

今日はBSCについて。BSCがどういうものか、どうやって作っていくのかの概要をお勉強します。

BSC(Balanced Scorecard)は企業のもつ重要な要素が企業のビジョン・戦略にどのように影響し業績に現れているのかを可視化するための業績評価手法。

BSCには大きく以下の2つの側面がある。
1.戦略実行ツール
2.多面的な業績評価ツール


■BSCの特徴
下記4つの視点から多面的な指標の因果関係を確認し、バランスを取りながら目標を設定していくことで個々の領域の戦略が独立しないように最終的なビジョンの実現に向けて戦略を実施していく。因果関係の確認については、戦略マップを使っておこなう。
①財務の視点
②顧客の視点
③内部ビジネスプロセスの視点
④学習と成長の視点


■BSCの作り方
1.BSCの各視点に対するステークホルダーのマッピング
まずは、企業をとりまくステークホルダーをランダムにりストアップし、各ステークホルダーがBSCのどの視点に属するかをマッピングすることでステークホルダーの分類を行う。BSCの各視点をそのまま使うとわかりずらいのでそれぞれの視点をどんなステークホルダーがマッピングされるかに言い換えたのが以下。
●財務の視点           
⇒企業の外部の存在で財務指標お要求する利害関係者の視点
●顧客の視点           
⇒外部の存在で、商品やサービスなど付加価値を要求する利害関係者の視点
●内部ビジネスプロセスの視点 
⇒企業内部でビジネス上の連携を行って顧客へサービスを行う利害関係者の視点
●学習と成長の視点       
⇒記号内部の労働者や基盤的役割を担う利害関係者

2.ビジョンと戦略の策定
SWOT分析を行い自社のコアコンピタンスを見極め、ビジョンと戦略を策定する。

3.個別戦略テーマの設定
収益増強やコスト削減などの各テーマに対して個別に戦略を作成する。

4.戦略マップの作成
戦略マップは、階層状に配したBSCの4つの視点を示すエリアに各視点での取り組むべき個別戦略テーマ目標を置いて、互いに影響や関係のあるものを矢線で結び付けた図。個別戦略テーマ間の因果関係を可視化することで、全体として整合性のある戦略を構築・検討ができる。

5.KPIの設定
各戦略目標に対してKPIを設定する。KPIは戦略目標ごとに2~3個程度に設定し、組織全体で20~30程度が管理の限界。なので、KPIの名前通り業績向上のKeyとなる重要な指標を選定する。

■参考
戦略マップ
N's spirit 戦略マップとは BSCを用いたマネジメントツール
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HitTips

Author:HitTips
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。