スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BSC

今日はBSCについて。BSCがどういうものか、どうやって作っていくのかの概要をお勉強します。

BSC(Balanced Scorecard)は企業のもつ重要な要素が企業のビジョン・戦略にどのように影響し業績に現れているのかを可視化するための業績評価手法。

BSCには大きく以下の2つの側面がある。
1.戦略実行ツール
2.多面的な業績評価ツール


■BSCの特徴
下記4つの視点から多面的な指標の因果関係を確認し、バランスを取りながら目標を設定していくことで個々の領域の戦略が独立しないように最終的なビジョンの実現に向けて戦略を実施していく。因果関係の確認については、戦略マップを使っておこなう。
①財務の視点
②顧客の視点
③内部ビジネスプロセスの視点
④学習と成長の視点


■BSCの作り方
1.BSCの各視点に対するステークホルダーのマッピング
まずは、企業をとりまくステークホルダーをランダムにりストアップし、各ステークホルダーがBSCのどの視点に属するかをマッピングすることでステークホルダーの分類を行う。BSCの各視点をそのまま使うとわかりずらいのでそれぞれの視点をどんなステークホルダーがマッピングされるかに言い換えたのが以下。
●財務の視点           
⇒企業の外部の存在で財務指標お要求する利害関係者の視点
●顧客の視点           
⇒外部の存在で、商品やサービスなど付加価値を要求する利害関係者の視点
●内部ビジネスプロセスの視点 
⇒企業内部でビジネス上の連携を行って顧客へサービスを行う利害関係者の視点
●学習と成長の視点       
⇒記号内部の労働者や基盤的役割を担う利害関係者

2.ビジョンと戦略の策定
SWOT分析を行い自社のコアコンピタンスを見極め、ビジョンと戦略を策定する。

3.個別戦略テーマの設定
収益増強やコスト削減などの各テーマに対して個別に戦略を作成する。

4.戦略マップの作成
戦略マップは、階層状に配したBSCの4つの視点を示すエリアに各視点での取り組むべき個別戦略テーマ目標を置いて、互いに影響や関係のあるものを矢線で結び付けた図。個別戦略テーマ間の因果関係を可視化することで、全体として整合性のある戦略を構築・検討ができる。

5.KPIの設定
各戦略目標に対してKPIを設定する。KPIは戦略目標ごとに2~3個程度に設定し、組織全体で20~30程度が管理の限界。なので、KPIの名前通り業績向上のKeyとなる重要な指標を選定する。

■参考
戦略マップ
N's spirit 戦略マップとは BSCを用いたマネジメントツール
スポンサーサイト

カードローン

最近カードローンのテレビCMやたらとみる。CMをみるたびに誰がカードローンなんて借りるのだろうか?という疑問がわいてきたのでカードローンがどういうものか調べてみた。

■カードローンの事業会社
カードローンを行っているのは銀行系、信販系、消費者金融系の3つ。
1.銀行系
金利が低いことが特徴。 会社などの大口融資や個人でも住宅ローンなどがあり、大きな金額を借りる際には頼りになります。 勤めている会社の勤続年数や返済能力などが融資の際に重要視されます。

2.信販系
クレジットカードなどで買い物をしたり、小額であればキャッシングできたりするお手軽なキャッシング方法が特徴。 現金を持たずに買い物ができるので、使い過ぎていることに気付きにくいという欠点がある。

3.消費者金融系
金利が高めであることが特徴。 銀行系とは違って勤続年数が少なかったり、アルバイトであったりしても融資してくれる場合が多く、小額の融資が一般的です。 手軽に借りられる一方、高金利。


■キャッシングとの違い
カードローンは個人信用情報に基づき利用限度額が決められれば、その範囲内でATMなどから自由に借入可能。カードローンの返済はリボルビング式などの分割払いができ、ショッピング枠とは別枠なので利用限度額がキャッシングよりも高く利用限度額内で何度も繰り返し借入できるところが、キャッシングとの違いです。

■フリーローンとの違い
カードローンとフリーローンの決定的な違いは、カードローンは限度額の範囲内で枠が残っている場合は何度でも融資を受けることができるが、フリーローンは返済を続けて利用枠が出ても追加で融資を受けることができない。

■カードローンの利用率
ジャパンネット銀行の調査によると世帯年収1000万円以上でも3割が定期利用をしており(ジャパンネット銀行の顧客に対する調査)、カードローンが社会的に浸透し始めているように思える。しかも、カードローンの利用目的も「娯楽・交際費」など10万円未満の小額カードローンの利用となっており一時的な借り入れを行う方法としてカードローンを選択している。
自転車操業にならなければいいが、カードローンは借金なのであまり気軽に利用するものではないと個人的には思います。

■参考

「カードローン」と「フリーローン」の違いってなに?

銀行の収益源

今年になってNISAが始まったので、銀行ってどうやって収益をあげているのかという疑問がわいてきた。
そこで、銀行業の知識をつけるべく「金融マーケティング戦略」の本を読んで勉強。

■重要ワード
日本版ビッグバン:証券だけでなく銀行や保険、外国為替取引なども対象で、金融分野の規制緩和策を包括的に盛り込んだ日本の金融政策。


■銀行の3大業務
まずは、銀行の担っている業務から。
1.預金業務
⇒私たちが銀行に預けている預金を管理・保管してくれる業務ですね。
2.融資業務
⇒私たちが銀行に預けている預金を元手に企業や個人に融資をする業務です。
3.為替業務
⇒振込や送金で債権や債務の決済を行う業務です。公共料金の口座振替などがこの業務です。


■金融機関の収益源
では、銀行はどうやってもうけているのか?
1.利息
⇒銀行の中で一番大きな収益源となっているのが利息。預金を企業や個人に貸し出したときの利鞘で収益を上げる。

2.手数料
⇒預金で集めた資金を使わなくても入ってくる収入なので、どの銀行も非常に重要視している。
手数料収入(役務取引等利益等)に占める投資信託や年金保険の販売手数料の比率は10~20%程度で業務収益全体を下支えしている。特にクレジットカードは加盟店手数料から利益を得ている。

3.売買益
⇒国債など債券や株式を売買したときの売買益。

■金融機関の収益構造の変化
かつての金融機関は国からいろいろな規制をうけてきたこともあり、都銀、地銀、信用金庫など金融機関は扱う商品、サービスのサイズが違うだけで儲かるときも損をするときも一緒。顧客からみても金融機関はどこも一緒という状況が続いていた。この状況に日本版ビッグバンによる各種規制緩和や企業の資金調達が株式などからの直接金融へ変遷していくことで金融機関の収益がどんどん減少傾向へと向かうことに。。。
例えば、こんな感じで収益源が減少していきます。

【利息収益の減少】
・日本版ビッグバンなどの各種業務規制の緩和や金融自由化により企業の資金調達方法が、銀行借入れから、株式や社債の発行による方法に変化
⇒大企業・中堅企業の銀行離れが加速し、法人向け融資が急速に減少する⬇

・比較的高収益が機体出来る中小企業向け融資や個人ローンの重要性が高まる
⇒ペイオフや他業態運用商品の選択肢が増えることで個人市場での競争が激化し、個人の定期性預金は減少する⬇

【手数料の減少】
・他業態出の外貨両替の解禁
⇒高い収益を確保していた外国為替関係の手数料大幅に減収⬇
・コンビニなどでの公共料金の取り扱い
⇒口座振替手数料の急激な減収⬇

■収益改善のために取り組むべき施策
①大企業や中堅企業が銀行離れをしていくため、銀行経営のポイントは効率的な「リテール戦略」を実現。
②役務利益を上げるための銀行本体によるクレジットカード業務の本格的取引の開始。
③中小企業取引の新たな展開。

■参考
金融マーケティング戦略
金融大学−金融用語辞典ー
プロフィール

HitTips

Author:HitTips
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。